スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「k-20/怪人二十面相・伝」
2009/02/25(Wed)
遅ればせながら観に行って来ました

予告編を観たときから観たいと思ってたんだけど
なかなかチャンスがなくて・・・
レディースディだし仕事も無いし♪

1c43269c.jpg


あらすじ

北村想の「怪人二十面相・伝」を金城武主演で映画化。
監督は「アンフェア the movie」などの脚本家・佐藤嗣麻子。
1949年、一部の特権階級が富を独占している
日本の都市・帝都に、金持ちだけを狙って盗みを働く
“K-20(怪人二十面相)”が出没。謎の男にだまされて
K-20に仕立て上げられ、世間から追われる身となった
サーカス団の曲芸師・遠藤平吉は、富豪の令嬢・羽柴葉子や
名探偵・明智小五郎らを巻き込み、K-20に戦いを挑むことを決意する。

独断と偏見の自己採点は★9個
いや・・・10個あげてもいいくらい
日本映画でシアターへ行った意味があったと
久々に思ったし痛快で本当に楽しめました
ひとつ言わせてもらえるなら
爆発シーンの後の令嬢が助けにくるシーンは・・・
あれがねぇ
ちょっとねぇと私的には思いましたけど
あとは大満足♪
もし観てない方はシアターで観てほしいなって言う映画でした

330914view005.jpg

330914view004.jpg

k20_g15_large.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<芸術?? | メイン | 「でるでる」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://marmi.blog35.fc2.com/tb.php/319-20eda1c9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。