スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ゲキ×シネ 蛮幽鬼」
2010/09/13(Mon)
劇団☆新感線が2009年夏に東京と大阪で上演した時代活劇を、
最新のデジタル技術で映像化した「ゲキ×シネ」シリーズの一作。

banyuki.jpg


娘からゲキ×シネはいいと聞いてたので試写会へ応募♪
観てきました・・・

3時間半の長丁場、本物の演劇と同じで途中15分の休憩が入りました(笑)

劇場の生の臨場感ってすごいんだろうなって思うけど
このゲキ×シネの臨場感もすごかった!!

生では役者さんの表情とかわからないだろうと思うけど
ゲキ×シネなら滴り落ちる汗。。。そして見えないのに細かな顔の演技
マジ・・・引き込まれました★

今回のキャスティングも豪華なもので
主人公を上川隆也が演じるほか、堺雅人、稲森いずみ、早乙女太一など
知ってる人ばかりで楽しめました

最初プロデューサーの人の話があって
堺さんは殺陣は初めてでずいぶん苦労したとのこと
確かに早乙女太一君との殺陣では大変そうだったけど
やはり太一君の殺陣は華麗だしキレがあるから
堺さんも相当がんばったんだろうなと
それと顔の表情が地でいけるお顔とはいえ・・・
(T▽T)アハハ!

正直前半は余裕で、暗めの映像がちょっととか思ってたけど
後半は引きつけられ最後は興奮気味でした
演劇の魅力が少しはわかった気がします

ぜひ、次回作も。。。というか
今までのリバイバルってないんだろうかと思うほど

五右衛門ロックみたいな~~


スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハングル教室 | メイン | ちょっとショック>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://marmi.blog35.fc2.com/tb.php/393-3df09cf8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。