スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
容疑者Xの献身
2006/09/09(Sat)
「容疑者Xの献身」は東野圭吾の推理小説
あるサイトで知り合った人が彼のファンだった

彼の作品で知ってるのは他には「秘密」「白夜行」くらいだ
それもただ知ってるだけ・・・
かなりのファンらしく彼女はたくさんの東野さんの本を読んでる
なんとなく興味を持ち始めた頃東野さんは「第134回 直木賞」を受賞した
そしてこの容疑者Xの献身は「第6回 本格ミステリー大賞」を受賞したので益々興味を持った。

さっそくアマゾンで検索して買ったものの
いつものように積んであったのだけど
数日前から読み始めた・・・・

このタイトルが妙に気になる
なんて話なのか???
タイトルの意味は読み始めてすぐに分かった
(□。□-) フムフムと読み進めた
なかなか面白い内容に思ったより早く読み終えたくらいだ
*****************************

4163238603.jpg花岡靖子は娘・美里とアパートでの二人暮らし。

物語は靖子の元夫、富樫慎二が彼女の居所を突き止め、訪ねてきた事から始まる。どこに引っ越しても疫病神のように現れる富樫を、靖子と美里は大喧嘩の末殺してしまう。今後の成り行きを想像し呆然とする母子に救いの手を差し伸べたのは、赤の隣人、天才数学者石神だった。

最後の感想としては素晴らしいラブストーリーだった気がしたv
ラストはいろんな意味で涙が出たもん☆

*****************************







スポンサーサイト
この記事のURL | BOOK | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<デビュー♪ | メイン | 『コリアンキッチンシジャン』>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://marmi.blog35.fc2.com/tb.php/78-1783fe11

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。